2018.05.27

錦織圭がグランドスラム復帰、
全仏4強までをシミュレーションしてみた

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 ついに錦織圭が、グランドスラムの舞台に帰ってきた――。

 昨年夏に右手首の腱裂傷によって戦列を離脱した錦織(ATPランキング21位、5月21日付、以下同)だったが、今年の1月中旬に復帰を果たし、4月から始まったヨーロッパクレーシーズンから調子が上向いてきた。

大会前の記者会見で、笑顔で質問に答える錦織圭 4月中旬のマスターズ1000(以下MS)・モンテカルロ大会では準優勝をして、まず復活を印象づけた。ATPバルセロナ大会とMS・マドリード大会では1回戦敗退だったが、5月中旬のMS・ローマ大会ではベスト8。準々決勝では、元世界1位のノバク・ジョコビッチ(22位、セルビア)にフルセットの逆転負けを喫したものの、錦織はハイレベルなテニスを披露し、ショットのクオリティーもトップ10にいたときのレベルに戻りつつある。

「やっとクレーシーズンから、かなり自分の思ったようにボールが飛んでくれたり、狙いが定まったり、感覚が戻ってきている。順調にいい感じでこられていると思います」

 クレーでは球足が遅くなるため、他のサーフェスに比べてラリーがより長くなり、トップスピン(順回転)をしっかりかけてプレーをする必要があるが、その状況で錦織の右手首は着実に回復のステップを踏んできた。

「(右手首は)最初は痛みもありましたけど、今はだいぶよくなってきている途中です。まだまだ完全には治らないと思いますけど、だいぶよくなってはきています」

 回復途中とはいえ、錦織はフォアハンドストロークを100%の力で打てていることを付け加えた。