2018.01.25

1年前の全豪、錦織戦で復活を
確信したフェデラー。次戦は注目のチョン

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 錦織との全豪4回戦がきっかけとなり、そこから世界2位にまで駆け上がって、奇跡的ともいえる素晴らしいシーズンを送ったフェデラー。そのプレーは、36歳になった今も衰えを知らず、全豪準決勝で、韓国人選手ではグランドスラムで初めてベスト4に進出したチョン・ヒョン(58位)と初対戦する。

 21歳のチョンは、いまや男子ワールドツアーで期待される若手選手"Next Gen"の中でも、一番の注目株に急成長した。錦織を「アジアのプライドだ」と尊敬し、トップ10にいた錦織を追いかけていくなかでつかんだ、フェデラーへの挑戦権だ。

「チョンとの試合を、とても楽しみにしている。興味深い試合になると思う」と語るフェデラーが、はたしてアジアの新星とどんな戦いを繰り広げるのか。我々は新しい歴史の1ページを目撃することになる。

【全豪オープンテニス】
1/15(月)~28(日)WOWOWにて連日生中継
詳しくはこちら>>

◆全豪16強で自信。大坂なおみ&新コーチ、グランドスラム制覇への道>>

◆会ったばかりの急造ペアが、全豪男子ダブルスで日本初のベスト4進出

関連記事