2016.11.20

2夜連続の失速。なぜ錦織圭は
後味の悪いシーズン終幕となったか

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 来季以降、次のステージに上がるために具体的に必要なものは何かと問われると、錦織は迷わず言った。

「試合のなかで、アップダウンが出ないよう集中しなくてはいけない場面を見極めたり、ブレークポイントをしっかりとれるようになったり。そこが一番、今要るところだと思う。もちろんショットは、サーブだったりまだまだ改善しなくてはいけないところはありますが、一番はメンタル的なところが大きいかなと思います」

「喜ばしい終わり方ではないので、後味は悪いですが......」

 シーズンの終幕に悔いを残しながらも、何が原因で敗れ、そして何が今の自分に必要なのかという命題に、彼は真摯に向き合っていた。

 その姿勢が、いかなる成果を生みだすのか――。答えは、来季のコート上で見られるはずだ。

■テニス 記事一覧>>

関連記事