2014.03.17

【テニス】ツアー初優勝した奈良くるみが語る「元天才少女の4年間」

  • 内田暁●文 text by Uchida Akatsuki photo by AFLO

 いきなりの手前味噌で恐縮だが、2010年5月26日の「Web Sportiva」にて、奈良くるみの記事を書かせてもらったことがある。

『全仏オープン女子~158cmの奈良くるみがクレーコートで得た、あふれんばかりの収穫。』

 それが、4年前に掲載された拙稿のタイトルだ。当時18歳だった奈良は、グランドスラムのひとつである全仏オープンの予選に出場。予選決勝では、4時間を越える大熱戦を制して初のグランドスラム本選入りを果たしている。

日本人女子として史上8人目のツアー優勝を果たした奈良くるみ この時の奈良の活躍は、いくつかの意味で、話題性と希望に富むものだった。

 まずは本人も含め、日本人の多くが苦手とするクレーでの活躍であったこと。さらに、彼女が10代前半からテニス関係者の期待と注視を集めてきた存在であったこと。そして、18歳という若さ――。全仏での台頭は、今後長く続くであろう奈良のサクセスストーリーの「始まりの始まり」かに思われた。現に全仏の2週間後のウインブルドンでも、彼女は予選を突破し、本選でも勝利を得たのである。

 それから、3年。昨年8月の全米オープンまでの期間、「奈良くるみ」の名がグランドスラムの出場者リストに載ることはなかった。大きなケガなどがあったわけではない。ただ、予選に出ては敗れる大会が繰り返された。一時は101位まで上がったランキングも大きく下降し、200位前後を行ったり来たりする日がつづく。

「やはり、彼女の身体では厳しいか……」

 そんな周囲の声が聞こえてきたことを、コーチの原田夏希は否定しない。

 だが、そのような状況下でも、かつての「天才少女」は結実の日を信じて努力しつづけ、そして今年2月、リオ・オープンでツアー初優勝を果たしたのである。現役女子選手でツアー優勝の経験を持つ者は、クルム伊達公子ただひとり。日本女子のテニス史においても、8人目の快挙だ。