2019.09.29

堀江翔太が苦難を乗り越え日本の
大金星に貢献「絶対勝てると信じてた」

  • 松瀬 学●文 text Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 もはや奇跡ではない。正しい準備とハードワーク(猛練習)、緻密なゲームプランの賜物だろう。4年前のラグビーワールドカップ(W杯)の南アフリカ戦とは違う。世界ランキング9位の日本代表は、同2位の優勝候補、アイルランド代表に勝つべくして勝った。

トレードマークのドレッドヘアを振り乱し、躍動した堀江翔太

 28日の静岡・エコパスタジムだった。日本はアイルランドに真っ向勝負を挑み、19-12で快勝した。4万7813人で膨れ上がったスタンドが歓喜で大きく揺れる。鳴りやまぬ「ニッポン・コール」。多くの観客が総立ちでバンザイの連呼がつづく。「どど~ん」。夜空をカラフルな打ち上げ花火が彩った。

 もう番狂わせではないですね? とメディアに声をかけられると、「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」のHO(フッカー)堀江翔太は顔をくしゃくしゃにした。ユニークなドレッドヘア、もじゃもじゃのあごひげとほおひげ。左目上にはキズに貼られたバンソウコウ。

「いや~。番狂わせじゃないですか。海外メディアは(アイルランドが)負けるなんて思ってなかったでしょ」

 確かに、ほとんどのラグビーファンは日本が勝つと予想していなかっただろう。でも、堀江ら選手とスタッフは「勝利」を信じていた。アイルランドに勝つと信じて、ここ2年余、準備してきた。とくにこの1週間。

 堀江はニヤリとして、「信じていたのは僕らだけ」と漏らした。

「まあ、試合前とか、話をしていたんですけど、”自分たちがやるべきことができれば、絶対、勝てる”って。やりきった感じですね」

 ほぼ完ぺきなディフェンス・システム。ライン・スピードをあげて、相手にプレッシャーをかけ続けた。そして、何といっても、FW(フォワード)の頑張りである。アイルランドのFWのメンバーは初戦のスコットランド戦(〇27−3)とまったく同じ。強力でシンプルな攻めに徹するがゆえに、そこで勢いに乗られると危なかった。が、負けなかった。前に前に出て、出足を削いだ。

 スクラムも押されなかった。長谷川慎コーチの指導通り、8人一体となって押し込んだ。8人16本の足の位置、スパイクの芝への食い込みなど細部にこだわった。後ろ5人(ロックとフランカー、ナンバー8)の押しがフロントローにうまく伝わっていた。