2018.12.17

神戸製鋼がV。空白の2年を経た
日本代表FBが平尾誠二に勝利を捧ぐ

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 深紅のジャージー「神鋼」が復活の狼煙を上げた――。

 2018年12月15日、今年のトップリーグ王者を決める総合順位決定トーナメントの決勝戦が東京・秩父宮ラグビー場で行なわれた。サントリーサンゴリアスの3連覇を阻止したのは、1980年代から1990年代にかけて黄金時代を築いた名門・神戸製鋼コベルコスティーラーズ。昨年の王者サントリーから計8トライを挙げるなど55−5で圧倒し、15シーズンぶり2度目の優勝を飾った。

涙を流しながらも満面の笑みで優勝を喜ぶ山中亮平 また今大会は、昨シーズンから大学生の出場がなくなった56回目の日本選手権も兼ねている。それにより、神戸製鋼は18シーズンぶり10度目の優勝で日本選手権の最多優勝記録を更新した。

 ノーサイド後の円陣――。神戸製鋼フィフティーンがチームソング『WE ARE,WE ARE STEELERS!!!』を合唱するなか、人目をはばからず涙を流していた男がいた。神戸製鋼の「15番」を背負い、日本代表でもFB(フルバック)を務める30歳の山中亮平である。

 2週間前、山中は試合で相手選手と衝突し、左ほおを骨折。決勝戦はドクターストップがかかっていた。だが、山中はフェイスガードをつけて強行出場。ボールを持ったら仕掛ける強気のプレーを見せ、2トライを挙げて優勝に貢献した。

 東海大仰星(現・東海大大阪仰星)高時代に「花園」全国高校ラグビー大会に優勝し、早稲田大学時代も大学選手権を2度制した山中だが、社会人としては初のタイトル奪取。「最高という言葉に尽きます。春からやってきたことを全部出せたと思います!」と声を弾ませた。

「この優勝を誰に伝えたい?」

 試合後、まだ目の奥をうっすらと赤くしていた山中に聞くと、「やっぱり、平尾さんですね。優勝したと伝えたい」としみじみと答えた。平尾さんとはもちろん、2016年10月に胆管細胞がんによって53歳の若さで他界した平尾誠二さんのことだ。