2017.01.16

絵筆から楕円球へ。「花園」を駆けた
白谷ドンジョとは何者なのか?

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 個人的には、昨年のリオデジャネイロ五輪から正式種目になった7人制ラグビー(セブンズ)にも向いているのではと思い、「セブンズには興味がないの?」と聞いてみると、「機会があればやってみたいです。もし可能ならチャンスをつかみたい。本当に頑張りたいです」 と目を輝かせた。

「もうひとつの花園」 から日本代表にまで上りつめた宇佐美の例もある。「ドンジョ」という名前の由来に関して、本人は「知らないです」と笑うものの、近い将来にその名がラグビー界だけでなくスポーツ界に轟く日がくるかもしれない。

 ラグビー歴は3年にも満たない白谷のポテンシャル、伸びしろは無限大。絵筆を楕円球に持ち替えて、今後も白谷は走り続けていく。

■ラグビー 記事一覧>>

関連記事