2015.08.31

【ラグビー】W杯まで20日。チーム一丸でジャパンの歴史を変える

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)がワールドカップ(W杯)限りの退任を発表するという異例の出来事から5日。
 
 小雨降る29日夜、日本代表は格下のウルグアイに40-0で完勝した。確かに相手ディフェンスは脆かったが、日本はよく前に出た。気持ちの入った試合だった。

 試合後、全力を出し切った選手とスタッフ、代表のレプリカジャージを着た観客がひとつになる。W杯に向けた国内最終戦。渦巻く拍手、声援の中、選手は少し誇らしげだった。

試合終了後、ジャパンのメンバーは観客たちと記念写真。 W杯に向け、気勢を揚げた

「エディーさんの次のことは気にしない」と主将のリーチ マイケルは会見で言った。体を張った証拠だろう、痛めた右足首には氷の入ったビニール袋が巻かれていた。

「(退任発表の)影響はないです。日本のラグビーを変えられるのは、俺らだけ。一人一人がW杯で勝つために集中している」

 そうなのだ。日本代表はW杯でベスト8に進出して、日本のラグビーの歴史を変えるため、世界一ハードな練習を積んできた。特にこの5カ月間は苛烈を極めた。ジョーンズHCの去就に動揺することなどないのである。サントリーでもジョーンズHCと一緒だったプロップの畠山健介も「(チーム内は)ゴタゴタしていませんよ」と笑った。

「プロのコーチならおかしな話ではないでしょ。逆に(退任を)言わないほうが、変な噂になったり、集中力に影響を与えたりするんじゃないかと思う。言ってもらったほうがよかった。『ああ、そうなんだ』ぐらいですよ。これで僕らとエディーさんの関係が終わるわけじゃない」