2022.03.09

新たな日本女子卓球の「顔」へ。「みうみま」を破った「Wみゆう」が五輪選考会で見せた進化

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi

世界切符獲得に見えた"ダブルみゆう"の絆

 第1回パリ五輪代表選考会として行なわれた「卓球・ライオンカップ・トップ32」(3月5日、6日/東京・アリーナ立川立飛)で、男子シングルスは張本智和、女子は早田ひなが優勝し、2年後に向けて好スタートを切った。

 また、今大会は9月に中国・成都で開幕する「2022世界卓球選手権(団体戦)」の代表5枠の選考も兼ねており、男女の覇者に加えて男子で準優勝した及川瑞基、3位の横谷晟、4位の丹羽孝希、女子で準優勝した長﨑美柚、3位の木原美悠、4位の佐藤瞳が代表に決定。なお、1月の全日本選手権で優勝した男子の戸上隼輔、女子の伊藤美誠はすでに出場権を得ている。

 そのなかで、長﨑と木原は、ひときわ喜びを爆発させていた。

伊藤美誠を破り、準優勝で世界選手権の出場権を獲得した長崎 photo by スポニチ/アフロ伊藤美誠を破り、準優勝で世界選手権の出場権を獲得した長崎 photo by スポニチ/アフロ この記事に関連する写真を見る  名前の読み方が同じ「みゆう」であることから"ダブルみゆう"と呼ばれ、仲良しコンビとしても知られているふたり。長﨑が19歳、木原が17歳と年齢は2つ違うが、お互いが各世代の大会で優勝を重ねており、つねに"パリ世代のホープ"として期待されてきた。

 2019年のITTFグランドファイナル女子ダブルスでは、準決勝で中国の孫穎莎(スン・イーシャ)/王曼昱(ワン・マンユ)ペアを下す金星を挙げた。決勝も韓国ペアに勝利して優勝を果たすなど、ダブルスではすでに世界レベルに達している。

 だがこれまで、世界選手権にはともに出場経験がない。長﨑は2018年のスウェーデン大会(団体戦)代表に選ばれたことはあるが、試合に出ることは叶わなかった。昨年11月のヒューストン大会(個人戦)では、女子ダブルスで"ダブルみゆう"ペアでの出場を目指していたが、それも届かず、悔しさをにじませた。

「次こそは絶対に行こうね」。そう約束を交わして迎えた今大会、長﨑は準々決勝で伊藤に、木原は平野美宇にいずれも4−2で勝利。ともに東京五輪組を破る活躍で、念願の代表入りを決めてみせた。

 試合直後には目を潤ませ、抱き合いながら「一緒に(世界選手権に)行けることがうれしい」と喜びをわかちあった長﨑と木原。思わずあふれた笑顔と涙からは、同じ目標に向けて過ごしてきたふたりの絆の深さが垣間見えた。