2021.06.22

アルバルク東京・竹内譲次が『SLAM DUNK』で最強キャラと指名。「ドラフトなら最初にピックしたい」選手は?

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro

――もうひとつはどこのシーンですか?

「神奈川県予選の湘北対陵南戦、ファールを4つして自分がベンチに下がっているうちに点差を広げられてしまった陵南の魚住(純)が、田岡(茂一)監督に"出して下さい!"と直談判するシーンです。この時、魚住は"赤木は間違いなく県No.1のセンターなんです!!"と、赤木が自分よりも格上であることを認めます。

 1年生の時に試合では勝ったものの赤木にはボコボコにやられて以来、赤木をライバルに設定し、打倒赤木のために努力を続けて来た魚住が、です。そんな魚住が、全国大会出場をかけた大事な場面で、個人では赤木に勝てないことを認めつつ、"太刀打ちできるのはオレだけです"と、それでもチームの勝利のために自分ならできることがあると出場を直訴するわけです。

 魚住がどんな思いでそのセリフを発したか想像すると、こみ上げるものがありました。年齢を重ね『SLAM DUNK』を読み返すと、そのシーンに至るまでの背景を読み解くようになり、そこに至るまでの時間に思いを馳せてしまうようになりました。作品上で描かれていない時間すら想像してしまい、"見えないとこでたくさん努力したんだろうな"と感情移入してしまうんですよね」

――魚住が赤木をライバル視したように竹内選手にもライバルはいますか?

「ライバルとは少し違うような気がしますが、切磋琢磨したということであれば、やはり兄の公輔だと思います。特に高校時代はチームメイトでもあったので、毎日の練習が真剣勝負のような緊迫感がありましたね。5対5の練習は試合を意識してレギュラー組対控え組でやるので同じチームでプレーすることがほとんどだったんですが、4対4の練習ではマッチアップすることも多く、5対5以上に気合が入ったのを覚えています」

――以前のインタビューでは、「好きな選手は仙道(彰)」と答えていました。今一番好きな選手は誰ですか?

「仙道は今も好きです。うまいし、ビジュアルもいいし、人気があるキャラなのがよくわかります。ポジションもF(フォワード)からPG(ポイントガード)までできるので、複数のポジションをこなせて現代バスケ向きの選手だなと思いますね。

 でも、今は丸ゴリこと河田兄が好きです。やっぱり作品内の最強の選手だと思うので。もしNBAのようにドラフトがあって、僕が選手を選べるなら、最初に河田兄をピックすると思います。もちろん"最強は誰か?"というのは原作ファンなら様々な意見があると思います。流川(楓)、仙道、沢北(栄治)などを推す人が多いのかもしれませんね。

 ただ沢北も仙道も、流川に一泡吹かされていますよね。逆に流川も沢北、仙道にやられています。つまり彼らは実力が拮抗していると思うんです。他の多くのキャラもやられたりやり返したりと同じことが言えるのかなと。ただ、河田兄だけは誰にもやられてない。赤木を圧倒しただけでなく、花道もリバウンド時に吹っ飛ばしていますからね。現役時代のシャキール・オニールようにひとり別次元の存在だと思います」