2017.04.15

初戦からファイナル級。
「殴り合い上等」ロケッツvsサンダーは必見!

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBAプレーオフ2017・ファーストラウンド展望@ウェスタン編

 2017年のNBAプレーオフが4月15日(日本時間4月16日)に開幕する。過酷な82試合のレギュラーシーズンを戦い抜いた東西上位8チームずつが頂点を目指して激突。ファーストラウンドを勝ち抜き、カンファレンス・セミファイナルに駒を進めるのはどのチームか――。まずはウェスタン・カンファレンスの全4カードの見どころをチェックしておこう。

ジェームス・ハーデン(左)とラッセル・ウェストブルック(右)が1回戦で激突ゴールデンステート・ウォリアーズ(1位/67勝15敗)
vs.
ポートランド・トレイルブレイザーズ(8位/41勝41敗)

 昨季、レギュラーシーズン73勝のNBA新記録を打ち立てたウォリアーズ。今季はケビン・デュラント(SF)の加入により、「さらに勝ち星を増やすのでは?」とささやかれていた。フタを開けてみれば67勝でレギュラーシーズンを終えたが、それでもリーグ最高勝率を記録。3季連続でシーズン65勝以上を挙げた史上初のチームとなった。つまり、ウォリアーズが今年のプレーオフでも最注目すべきチームであることは揺るがない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 ウォリアーズの武器は、なんといっても爆発的なオフェンス力だ。1試合のチーム平均得点(115.9得点)はリーグナンバー1。ただし、個人成績に目を向けると、デュラントやクレイ・トンプソン(SG)とボールをシェアしなければならず、エースのステファン・カリー(PG)の得点は昨季の平均30.1得点から平均25.3得点まで下降している。だが、「不調なのでは?」と指摘されたカリーは、インタビューでこう答えている。