2021.03.27

中野信治がホンダF1の戦力を分析。レッドブルのペレスに期待できる理由

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄(マシン)、村上庄吾(人物)●撮影 photo by Sakurai Atsuo, Murakami Shogo

中野信治インタビュー後編
注目選手とホンダ最終年

史上最多の全23戦が予定されているF1世界選手権の2021年シーズンが今週末、中東のバーレーンGPを皮切りにスタート。そこでスポルティーバでは、DAZN(ダゾーン)でF1解説を務める元F1ドライバーの中野信治氏にインタビューし、21年シーズンの見どころを語ってもらった。後編は今季の注目選手やF1活動終了となるホンダについて。はたしてホンダは"有終の美"を飾ることはできるのか? 感触を聞いた。

今季でF1の活動を終えるホンダ。王者奪還なるか
 2021年が最後のシーズンとなるホンダは新開発のPU(パワー・ユニット)を投入して、レッドブルとともに万全の体制で開幕戦に臨むことになります。レッドブル・ホンダがタイトルを獲得するためには、マックス・フェルスタッペンと新加入のセルジオ・ペレスのふたりでメルセデスに対抗していかないとチャンスはありません。そういう意味では、ペレスにかかる部分は大きいですね。

 ピーキーからややマイルドな方向になったレッドブルのマシンをペレスがどれくらい乗りこなせているのか。正直、バーレーンテストの3日間のタイムだけではわかりませんでした。ペレスはすごくいい雰囲気でマシンに乗れているという印象は受けなかった、というのが正直な感想です。

2021年のF1の見どころをたっぷりと語った中野信治氏 ペレスが自分の走らせ方やドライビングでマシンに合わせていこうとすると、かつてのフェルスタッペンのチームメイト、ピエール・ガスリーやアレックス・アルボンと同じように袋小路にはまってしまう気がしています。

 速さに関してはガスリーもアルボンもペレスも同じような実力だと思いますが、ペレスはF1での長い経験があるので、若いガスリーやアルボンよりも引き出しはたくさんあります。対応力やセットアップに関してはペレスに"一日の長"があるのは間違いないので、そこに期待をしています。