2020.03.05

レッドブル・ホンダ、準備万端。
ストレートでもライバル以上の速さの可能性

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 6日間のテスト日程をすべて終え、バルセロナ・カタルーニャ・サーキットを後にするマックス・フェルスタッペンの表情は、とても晴れやかだった。

 2020年は8日間から6日間に、プレシーズンテストの日程は25%も削減された。それにもかかわらず、レッドブル・ホンダはここ数年で最も好調な開幕前の準備を整えた。

6日間のテストで好感触を掴んだ今季のレッドブル・ホンダ テスト前半は新車RB16の学習に徹し、硬いC2タイヤで淡々とデータ収集の走行を続けた。テスト後半になってもそれは続き、リアサスペンションのアンチロールバーやマウント、フロントブレーキにトラブルが起きたり、フェルスタッペンがスピンオフをしたりと、周回数は伸び悩んだ。

 しかし、残り2日となったところで開幕戦仕様の空力パッケージを投入し、フロントウイングやバージボード(※)周辺を刷新。まずは慎重にそのデータ収集と新旧フロントウイングの比較走行を行ない、最終日の残り2時間を切ったところでついにタイムアタックを敢行すると、トップのバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)から0.073秒差の2番手タイムを記録した。

※バージボード=ノーズの横やコクピットの横に取り付けられたエアロパーツ。