2019.10.17

山本尚貴がトロロッソで好走。思い出す30年前の「日本一速い男」の言葉

  • 川喜田研●取材・文 text by Kawakita Ken
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 F1日本GP前、「フリープラクティス1回目で山本尚貴がトロロッソをドライブするらしい……」と初めて聞いた時、なんだかとても「複雑な気持ち」になった。

 ご存じのとおり、山本は昨シーズンのスーパーフォーミュラと全日本GTという2大タイトルを制し、ダブルチャンピオンに輝いた国内トップドライバー。

フリー走行でトロロッソをドライブした山本尚貴(写真左) 2014年の小林可夢偉を最後に「日本人F1ドライバー不在の時代」が続いているだけに、フリープラクティスだけでも「日本人ドライバーがF1で走る」という光景を待ちわびていたファンは少なくないはずだ。山本自身はもちろん、これまで国内レースで彼を応援してきた多くの人たちにとっても、鈴鹿サーキットの大観衆の前でF1公式セッションに参加することには特別な感慨があるに違いない。

 だが、同時に「でも、ホントにそれでいいの?」という疑問もまた、筆者の頭の中でグルグルと巡り続けていた。FP1のみとはいえ、トロロッソ・ホンダが予選・決勝に向けた貴重なデータ収集の機会であるフリー走行を、レギュラードライバー以外に、これまで一度もF1マシンに乗ったことのない選手に委ねるのはどうなんだろう……という疑問がひとつ。「そんなコトをしている余裕があるの? ほかに優先すべきことがあるのでは?」という疑問である。

 もうひとつは、31歳という山本の年齢だ。もちろん、若けりゃいいというワケではないが、今のF1で「30歳を超えてからのデビュー」というのは、ほとんど聞いたことがない。近年で記憶にあるのは、2014年のベルギーGPに当時32歳でケーターハムからF1デビューを果たしたアンドレ・ロッテラーぐらいだが、そのロッテラーもわずか1戦のスポット参戦に終わっている。今回のFP1走行が将来の「レギュラーシート獲得」につながる可能性は「ゼロではない」とはいえ、現実的に考えれば難しいと言わざるを得ない。