2018.03.15

佐藤琢磨は追突され後退も、
インディカー開幕戦はホンダ勢が上位独占

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 今シーズンからインディカーシリーズのシャシーはワンメイクに戻る。2012年から使われ続けているダラーラ製モノコックと、ダラーラと主催団体のインディカーが共同開発したエアロキットのコンビネーションだ。

「キット」と呼ばれるのは、基本となるシャシーに、プラモデルのパーツのようにパチンパチンと装脱着ができるよう作られているから。エアロキットは1年ごとに少しずつ改善が施される予定だが、チームによる独自の改造は許されない。エンジンは引き続きホンダとシボレーが供給する。

 同一シャシーを使用するため、当然、競技者間の差は小さくなり、バトルは激しくなる。期待と注目の集まった開幕戦は、フロリダ州セントピーターズバーグで3月9~11日に開催された。

 舞台はストリートコース。それも空港の滑走路まで使った実にユニークなレイアウトの1.8マイルで、コーナーは14個が配されている。プラクティスと予選の金曜日、土曜日は曇り空が続いたものの、決勝日は昼前から青空が広がり、気温は摂氏23度まで上昇。フロリダならではの温暖なコンディションのもと、レースは行なわれた。

 開幕戦セントピーターズバーグでは12位に終わった佐藤琢磨 新エアロキット採用の影響は、最初のプラクティスから現れていた。名門チームや実績あるベテランに対し、若手ドライバーや新興チームが互角の戦いぶりを見せたのだ。

 ハーフウェットで非常に難しいコンディションになった予選でポールポジションを奪ったのは、カナダ人ルーキーのロバート・ウィッケンズ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)だった。さらに、予選3位、4位にもブラジル出身のマテウス・レイスト(AJ・フォイト・エンタープライゼス)とイギリス出身のジョーダン・キング(エド・カーペンター・レーシング)というルーキーが食い込んだ。