2017.08.24

来季のF1昇格あるか。
注目のピエール・ガスリーがついにSF初優勝

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 8月19日~20日、スーパーフォーミュラ選手権のシリーズ第4戦がツインリンクもてぎで行なわれ、今シーズン初参戦で注目を集めていたピエール・ガスリー(TEAM無限)が初優勝を飾った。開幕前の期待とは裏腹に結果の出ない日々が続いていたガスリーは、この第4戦でも初日にブレーキトラブルが発生してクラッシュ。さまざまな逆境を跳ねのけて掴んだ初勝利だけに、マシンから降りると雄叫びを上げて喜びを爆発させた。

待望の初優勝で喜びを爆発させたピエール・ガスリー ガスリーは昨年GP2シリーズで年間チャンピオンを獲得したフランス出身の21歳。F1のレッドブルチームでリザーブドライバーも務め、F1のテストにも参加している。初めて乗るスーパーフォーミュラのマシンにもすぐに順応し、開幕前のテストではいきなりトップに迫るタイムをマーク。「開幕戦から優勝するのではないか?」と周囲をざわつかせ、ガスリーの注目度は一気に上がっていった。

 しかし、いざシーズンが始まってみるとレースコンディションの変化に合わせきれず、細かなトラブルにも振り回されて大苦戦。開幕戦の鈴鹿では10位に終わり、優勝はおろかポイントすら獲得できなかった。

 第2戦・岡山のRace2では7位に入り、ようやく初ポイントを獲得するが、「喜べる結果ではない」とガスリーの表情は曇ったまま。第3戦・富士ではホンダ勢最上位となる5位に食い込むも、その反応は前戦とまったく同じだった。何が足りないのか――。苦しい戦いが続くなか、ガスリーはチームとともに地道に原因を探り、対策と改善を繰り返す日々を過ごした。