2017.02.16

小林可夢偉、スーパーフォーミュラ新チームと
ル・マン制覇の野望を語る

  • 米家峰起●取材・文・写真 text & photo by Yoneya Mineoki

 このチームが今まで勝ったことがないっていうのは事実やし、去年は0ポイントやったけど、チームとしても何かどうにかしたいっていう気持ちがあるし、僕も心機一転でがんばりたいっていうところやったから。そういう意味では、ここでうまくマッチングすれば強いチームになれるんじゃないかと思ってるんです。その結果として優勝できるかどうかはわからないけど、お互いに(なんとかしたいという)強い気持ちがありますから」

 この日、可夢偉は「気持ち」という言葉を何度も強調した。

 マシンを磨き上げるために、どれだけ身も心も捧げることができるか。それを、新天地の新たな"彼女"とともに探究したいと願っている。

「今のスーパーフォーミュラはかなりクルマの出来・不出来に左右される部分があるし、あれだけぶっちぎりで速かったセルモ(2016年のチャンピオンチーム)ですら、次のレースでドベ(最下位)走ってたりするんですからね。ドライバーの腕だけではどうすることもできないところに来てるんです。

 だからこそ、エンジニアとうまく連携してクルマをうまく仕上げることっていうのが今年の目標のひとつになるし、その点、スーパーフォーミュラ(で速いクルマを仕上げること)はF1ほどお金がすべてっていう世界でもないからこそ、気持ちっていうのがすごく大事やし、チームとしてものすごくモチベーションを持ってるから、それが実れば大きな結果につながるんじゃないかと思うんです」