2016.08.16

A・イアンノーネMotoGP初優勝。
逆襲のドゥカティ、9年ぶりのワンツー

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 サマーブレイク開けの第10戦・オーストリアGPは、なにもかもが「~年ぶり」尽くしのレースになった。

最高峰クラスで初優勝を遂げたアンドレア・イアンノーネ(中央) まず、MotoGPのカレンダーがオーストリアで開催されるのは1997年以来、19年ぶり。当時は「A1リンク」と呼ばれていたサーキットは、地元のエナジードリンク企業に買収されて、「レッドブル・リンク」という名称になった。

 そして、そのサーキットで行なわれた日曜の決勝レースでは、アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ・チーム)とアンドレア・ドヴィツィオーゾ(同)のドゥカティ勢が抜きん出た速さを発揮して、ワンツーフィニッシュ。ドゥカティが優勝を飾るのは、ケーシー・ストーナーが勝った2010年の第16戦・オーストラリアGP以来、6年ぶり。ワンツーフィニッシュは、さらにその3年前。2007年のオーストラリアGP(1位:ストーナー、2位:ロリス・カピロッシ)以来、9年ぶりの出来事だ。

 ストーナーが陣営を去って以降の6年間、独自の設計思想を持つドゥカティは、なかなか勝てないレースが続いた。2014年にはアプリリアからジジ・ダッリーニャをゼネラル・マネジャーとして招聘し、戦略的なマシン開発を進めてきた。少しずつ改良を進め、2位や3位表彰台、あるいはポールポジションを獲得する速さを発揮するようになったものの、表彰台の頂点までは到達できない苦しい戦いが続いた。