2016.04.28

序盤戦で見えたシボレー勢優位。ホンダは琢磨&レイホールが猛追中

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

第4戦バーミンガムで優勝したシモン・パジェノー(ペンスキー) バーミンガムでの第4戦(ホンダ・インディ・グランプリ・オブ・アラバマ)を終え、インディカー・シリーズは16戦のうちの4分の1を終えた。4戦の内訳はストリートが2戦、ショートオーバルが1戦、常設ロードコースが1戦。超高速スーパースピードウェイでのレースは5月末のビッグイベント=インディ500まで待たねばならないが、今シーズンの勢力図はほぼ見えてきている。チームでは今年が創設50周年の名門チーム・ペンスキー、マシンではシボレーが優位にある。

 予選でのペンスキー軍団の速さは圧倒的だ。開幕戦セントピータースバーグのストリートでトップ4グリッドを独占! 4戦すべてでポールポジションを獲得している。レースでも強く、4戦のうちの3戦で優勝。3レースで2人以上が表彰台に上がり、4人全員がランキングでトップ7入りしている。

 今の4台体制は2年目。インディ500で3勝しているエリオ・カストロネベス(ブラジル)、2014年チャンピオンのウィル・パワー(オーストラリア)、F1でも活躍した元インディカー・チャンピオンで、インディ500は2勝のファン・パブロ・モントーヤ(コロンビア)という強力なラインナップに、去年からシモン・パジェノー(フランス)が加わった。4人全員がチャンピオン候補に数えられている。