2014.05.21

新時代のF1で勝つために、ホンダが今考えていること

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 物量から質の時代へ。エンジニアの知恵が試されるこの新時代のF1に、ホンダは挑もうとしている。

 新井氏の言葉の端々からは、情熱やスピリットで勝利をつかみ取れると信じていたかつてのホンダとは異なる、新しいホンダの姿が感じられた。もちろんモータースポーツを愛し、F1の頂点に挑む覚悟はある。しかし、それだけで勝てる時代ではない。そこに洗練されたインテリジェンスがなければ勝つことはできないのだ。

 今回のF1復帰にあたって、栃木の研究所でF1プロジェクトに携わっている技術者の人数は従来のホンダのF1活動に比べて格段に少ないという。予算もそのぶんだけ少ない。6月には英国ミルトンキーンズの整備拠点が稼働を開始するが、それはあくまで整備のための支部であり、パワーユニットの技術研究・開発・製造はすべて日本で行なわれる。

「皆さんが想像されているよりも(予算は)相当少ないと思います。もう物量で勝利を得るという時代ではありませんから。知恵を絞って、頭脳で勝負です。昔のLPL(ラージプロジェクトリーダー=総責任者)というようなかたちでは運営していないんです。今は設計者もいれば、システムをまとめる人間もいるし、テストをまとめる人間もいるし、それぞれがそれぞれの立場で責任を担っていかないと、勝てるパワーユニットにはなりません。1日中膝を突き合わせて作業を進めています」

 2015年のF1復帰によって、ホンダは従来のイメージを払拭し、「新たなホンダ像」を描こうとしているように感じられる。個の時代から集合の時代へ。根性の時代から、インテリジェンスの時代へ。そして、F1の確固たる一員としてのホンダの時代へ。

「腰を据えてやると決めました。F1の世界で市民権を得ようという気持ちでいます。会社として、そのつもりでやりましょうという意思を固めています。参戦期間も“何年”とは決めていないし、出入りの“入”はあるけど“出”はありません」

 残り10カ月。新しいホンダサウンドがグランプリのサーキットに響く日を楽しみに待ちたい。

関連記事