2013.11.12

【MotoGP】ライバルが語る「史上最年少王者」マルケスのすごさ

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

「今まで、記録を破ろうと特に意識したことは一度もない」

 シーズン最終戦のバレンシアGPで、史上最年少の年間総合優勝記録を30年ぶりに更新したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、無邪気に笑いながら語った。

最終戦のバレンシアGPで年間総合優勝を決めたマルク・マルケス おそらく、それは偽りのない本心だろう。開幕直後の第2戦アメリカスGP予選で史上最年少ポールポジション記録を塗り替え、翌日の決勝レースで史上最年少優勝記録を更新したときも、その後、シーズン半ばに史上最年少連勝記録をどんどん書き換えていったときも、そして今回のバレンシアGPで、フレディ・スペンサーの持つ記録(21歳258日/1983年)を大幅に上回る20歳266日で史上最年少チャンピオンを獲得したときも、マルケスはただ全力で走ってレースとバトルを楽しみ続けた結果、記録のほうが勝手に更新されていった、という印象がある。

 最高峰クラス参戦初年度に総合優勝を達成するのは、1978年のケニー・ロバーツ(当時27歳)以来35年ぶり史上ふたり目の快挙だが、今回のチャンピオン獲得は時間の問題とも見られていただけに、この事実にはもはや誰も驚かなくなっていた感さえある。

 拍子抜けするほどあっさりと数々の記録が更新されていった一年だったが、おそらく、歴史が作られていくときというのはそんなものなのだろう。バレンティーノ・ロッシが登場したときも、その鮮やかな天才ぶりは周囲を驚嘆させ続けたが、マルケスの才能はそれとはまた異なるタイプの天才が登場したことを強く印象づけた。

 そのぬきんでた資質を喜び、最も高く評価していたのが当のロッシであったことは、これまで紹介してきた彼の数々の言葉からも明らかだ。

 マルケスは今後も、ロッシ、スペンサー、ロバーツという二輪ロードレースの歴史を作ってきた天才たちと比較され続けるのだろうが、なんといってもまだ二十歳である。いくらずば抜けた才能の持ち主とはいっても、まだ完成形には至っておらず、荒削りな部分も多分に残している。