宝塚記念は、直近2年の勝ち馬と似た血統の4歳馬とレースとの相性がいい血筋の7歳馬に期待

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki

 6月23日(日)、京都競馬場で3歳以上馬によるGⅠ宝塚記念(芝2200m)が行なわれる。

 今年は阪神競馬場の改修工事のため、18年ぶりに京都競馬場での開催となる。とはいえ、同じ右回りで距離も変わらないため、今回も過去の血統的傾向からこのレースを占っていきたい。

 直近2年の勝ち馬の血統を見てみよう。2022年の勝ち馬タイトルホルダーは「父ドゥラメンテ・母の父モティヴェイター」、2023年の勝ち馬イクイノックスは「父キタサンブラック・母の父キングヘイロー」という血統。今年のレースに出走を予定している馬を見ると、ソールオリエンス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)は「父キタサンブラック・母の父モティヴェイター」と、2頭の血統を足して2で割ったような血統だ。

昨年に皐月賞を制したソールオリエンス photo by Sankei Visual昨年に皐月賞を制したソールオリエンス photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

 父キタサンブラックは2016、17年の宝塚記念に出走し、3着、9着という成績だったが、芝2200mではGⅡセントライト記念(中山)を勝利。産駒も、イクイノックスが宝塚記念を勝利したほか、ガイアフォースがセントライト記念を勝つなど、芝2200mで46戦7勝、勝率15.2%という好成績を残している。「京都・芝2200m」に絞ると6走と出走数は少ないが、先週の3勝クラス・保津峡Sでブラックブロッサムが勝利している。

 母の父モティヴェイターは日本で出走した16頭のなかから、タイトルホルダー、ヴァンドギャルド、メロディーレーン、ステラリア、ソールオリエンスと、5頭のオープン馬を含む10頭の勝ち馬を出している。芝2200mのGⅠでは、ステラリアがエリザベス女王杯(阪神)で7番人気2着に入っている。

 ソールオリエンス自身は、芝2200mではセントライト記念で2着。勝利した重賞はともに中山・芝2000mのGⅠ皐月賞とGⅢ京成杯で、芝2400mのGⅠ日本ダービー(東京)もタイム差なしの2着と、前後の距離で強い競馬を見せており、芝2200mも"守備範囲内"と言える。

1 / 2

プロフィール

  • 平出 貴昭

    平出 貴昭 (ひらいで・たかあき)

    主に血統分野を得意とする競馬ライター、編集者。(株)サラブレッド血統センター在籍。著書に『覚えておきたい日本の牝系100』『一から始める! サラブレッド血統入門』など。「週刊競馬ブック」で『血統見聞録』を連載するほか、「競馬四季報」などの編集業務にも携わる。そのほか、『優駿』などにも寄稿。twitterアカウント:@tpchiraide

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る