チャンピオンズCは老獪な騎手が導く伏兵が不気味。本命馬に真っ向勝負を挑む有力馬を尻目に漁夫の利を得るか

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro
  • photo by Sankei Visual

チャンピオンズCでの大駆けが見込まれるハピチャンピオンズCでの大駆けが見込まれるハピこの記事に関連する写真を見る 2走前に同馬とコンビを組んで今回が3戦目。前任の藤岡佑介騎手から乗り替わりとなった理由は、「大きな舞台で勝ちきってほしい」といった陣営の思惑があってのことだと思いますが、2度の騎乗で横山典騎手も同馬のことをすっかり手の内に入れたはず。

 ハピは後方から鋭い脚を使える馬ですが、馬群をさばける器用さも持ち合わせており、横山典騎手ならロスなくインを突く、いかにも穴パターンの騎乗をしそうに思えてなりません。

「2頭出しは人気薄を狙え」という格言がありますが、大久保龍志厩舎所属の僚馬グロリアムンディが強気に乗れば乗るほど、ハピの差し込みの確率がアップすると見て、今回は同馬を「ヒモ穴馬」に指名したいと思います。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る