2022.08.06

タフな流れが予想されるエルムS。穴党記者が推奨する伏兵2頭のまくりが炸裂か

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 古馬のダート重賞、GIIIエルムS(札幌・ダート1700m)が8月7日に行なわれる。

 東京五輪開催による開催日程の変更で、函館競馬場で行なわれた昨年は4番人気のスワーヴアラミスが勝利し、2着に7番人気のオメガレインボー、3着に11番人気のロードブレスが入って、3連単は19万4430円という高配当をつけた。

 とはいえ、荒れたのは函館だから、というわけではない。通常の札幌開催でも伏兵の台頭がしばしば見られ、波乱含みの一戦と言える。実際、過去10年で1番人気はわずか2勝。昨年も含めて、3連単では5万円を超える好配当が6回も生まれている。

 そうしたレースにあって、好走馬には「ある傾向が見られる」というのは、デイリー馬三郎の吉田順一記者だ。

「最近は、7月の前半に函館・ダート1700mで施行されているオープン特別のマリーンSからの転戦組が幅を利かせています。現に、目下4年連続で勝利を飾って、直近7年で計7頭が連対を果たしています。

 それぞれ脚質は異なりますが、いずれも小回りコースに長けていることは間違いありません。前半にアドバンテージをとって粘り込むか、一瞬の脚を効果的に使ってまくりを炸裂させるか、小回りコースの形態を存分に生かして上位争いを演じていますからね」

 そして今年も、前走マリーンS(7月9日)組が7頭出走。同レースで上位にきた馬について、吉田氏はこう分析する。

「今年のマリーンSは、先行争いを演じたフルデプスリーダー(牡5歳)、ウェルドーン(牝4歳)、ロードエクレール(牡4歳)の3頭が上位を独占。その3頭が今回もそろって出走してきます。

 近年の傾向からして、この3頭は注視すべきだと思いますが、今回は前走でオープン特別の大沼S(6月26日/函館・ダート1700m)を勝ったアイオライト(牡5歳)が内枠を引き、徹底先行型のアメリカンシード(牡5歳)も別路線から参戦。マリーンS以上にタフな流れになるのではないか、と予想されています。

 そうなると、狙いはまくりを得意とする馬。特にハンデ戦から別定戦となって斤量が0.5kg軽くなる、4着馬オメガレインボー(牡6歳)に目がいきます。ただ、同馬は発馬を含めて人気よりも信頼度が低いタイプ。馬券的な妙味は今ひとつで、軸には別の馬を考えたほうがいいと思っています」