2022.06.20

「ウマ娘」でもおとなしい性格のメイショウドトウ。宝塚記念で思い出すテイエムオペラオーとの執念の対決

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

 スマホゲーム「ウマ娘 プリティダービー」に登場するウマ娘のメイショウドトウは、その名前の迫力とは裏腹に、とにかく弱気な性格の持ち主。公式プロフィールにも「自分に自信がまったく持てない、弱気な垂れ耳ウマ娘」と書かれるほどだ。

2001年の宝塚記念、6度目の正直でテイエムオペラオーに勝利したメイショウドトウ2001年の宝塚記念、6度目の正直でテイエムオペラオーに勝利したメイショウドトウ  この特徴は、モデルとなった競走馬・メイショウドトウからイメージされたものだろう。同馬はやはり名前とは違い、競走馬としてはかなりおとなしい性格だったという。

 さらに、ウマ娘・メイショウドトウのプロフィールに視線を戻すと、もうひとつ、特徴的な一文がある。「テイエムオペラオーの過剰な自信に憧れている」という一文だ。

 もちろんこれも、現実の競馬史に起因するもの。そう、競走馬のメイショウドトウといえば、当時「覇王」と言われ、日本競馬を完全制圧したテイエムオペラオーの最大のライバルだったのである。そして、そのライバル対決の大きな分岐点がGⅠ宝塚記念(阪神・芝2200m)だった。

 ということで、競走馬メイショウドトウの歩みを振り返りたい。
 
 1999年1月、4歳(現3歳。以下、旧表記で統一)でデビューしたメイショウドトウだが、頭角を現すまでには時間がかかった。重賞やGⅠの舞台に立ったのは、翌年の2000年春。キャリア13戦目で初の重賞タイトルを手にした。

 さらにもうひとつ重賞を勝つと、初めてのGⅠとなる6月の宝塚記念に挑戦する。ここで待ち受けていたのがテイエムオペラオーだった。

 同い年のテイエムオペラオーは、前年にGⅠ皐月賞を勝っていたが、この年に入って明らかに一枚剥けた。年明けから重賞3連勝。前走ではGⅠ天皇賞・春を完勝した。