2022.01.09

穴党向きのシンザン記念は今年も大荒れの予感。舞台合う2頭が高配当を演出か

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 今週の中央競馬は3日間開催。1月9日には3歳馬によるGIIIシンザン記念(中京・芝1600m)が行なわれる。

 過去10年の勝ち馬を見てみると、昨年のピクシーナイトをはじめ、アーモンドアイ(2018年)、ミッキーアイル(2014年)、ジェンティルドンナ(2012年)など、のちのGI馬がズラリ。出世レースのひとつと言っていいだろう。

 ただその一方で、1番人気の成績は3勝、3着1回と今ひとつ。おかげで、3連単では10万円を超える高配当が6度も生まれている。京都競馬場の改修工事によって、昨年も今年と同じ中京競馬場での開催となったが、馬連が万馬券となり、3連単も10万円超えの配当をつけて、過去の傾向どおりの結果となった。

 そうした状況ゆえ、日刊スポーツの太田尚樹記者も「(シンザン記念は)穴党向きのレースと言えるでしょう」と、こう続ける。

「実際、過去10年のうち、5番人気以下の馬が9回も連対。ジェンティルドンナ、アーモンドアイが勝った年も、2着には9番人気、7番人気の馬が突っ込んできて、馬連や3連単では好配当が生まれています」

 こうした結果に加え、「個人的には『日刊スポーツ賞』でもあるので、力が入るレースです」と語る太田記者は、今年も"荒れる"と踏んでいる。

「今年も例年と同じく、比較が難しいメンバー構成ですからね。さらに今年は、珍しくGI出走組が不在。波乱要素が一段と増しています。

 また、年明け初日(1月5日)の開催では、今回と同じ中京マイルを舞台にしてGIII京都金杯が行なわれましたが、結果は7番人気が1着、11番人気が2着という波乱の決着。中京・芝コースは昨年末までのBコースからAコースに替わったことで、内を通った馬のほうが有利といった、紛れの多い馬場状態となっています。その点からも、ひと筋縄では収まらないと見ています」

 そこで、太田記者は穴馬候補として、ジャスティンヴェル(牡3歳)の名前を挙げた。