2021.12.04

人気のソダシに不安あり。チャンピオンズCは大駆けの材料あるベテラン馬の一発に期待

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro
  • photo by Kyodo News

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 秋のGIシリーズは、GIマイルCS、GIジャパンCと2週続けて歴史的な名馬が有終の美を飾りました。僕はスポーツの観点から"強い馬が強い競馬を演じる"のが好きで、この2週間は勝ち馬の強さに素直に感動しました。グランアレグリア、コントレイルとも、引退するのが惜しいくらいの強さでした。

 一方、馬券という面で見れば、低配当での決着が続いたことで、一攫千金を狙っていた競馬ファンにとっては物足りない結果だったかもしれませんね。そういったファンにとっては、今週のGIチャンピオンズC(12月5日/中京・ダート1800m)は、心躍る一戦と言えるのではないでしょうか。確固たる本命馬が不在で、どの馬からでも狙っていけるような、稀に見る大混戦のレースだからです。

 そんなレースにあって、人気を集めそうなのはソダシ(牝3歳)。芝GI2勝の"白毛のアイドルホース"で、初のダート戦にもかかわらず、断然の1番人気が予想されています。通常、GIで初めてダート戦に挑む馬が1番人気になることは考えにくいのですが、今年はそれだけ混戦ということ。そして、馬券検討においては、まずはこのソダシの取捨が最大のテーマと言えそうです。

 僕はそのソダシについて、期待よりも不安のほうが大きい。それが、正直な思いです。

 過去、ダート初挑戦がGIという臨戦で馬券圏内(3着以内)に好走したのは、トゥザヴィクトリーのみ(2001年のGIフェブラリーS3着)。こうしたデータからも、初ダートがGIという難題をクリアするのは決して簡単なことではありません。

 また、僕がソダシに抱いている印象(走法や気性面を含めた特徴)からも、ダート向きではないのでは? と感じています。血統がダート向きなのは確かですが、軽やかに走る走法や、気分が乗らないと途中でレースをバタッとやめてしまう気ムラな点から、どうしても不安のほうが先に立ちます。

 もちろん、砂をかぶらずにハナをきって気分よく逃げれば、一変するシーンは十分に考えられます。しかし、真っ白い馬体でひと際目立つ存在を、歴戦の古馬たちが楽に逃げさせてくれるとは思えません。むしろ、ソダシをマークする先行勢の意識が前がかりになって、オーバーペースになる可能性を危惧しています。

 牝馬のサンビスタが勝った2015年、ガンピットという外国馬が参戦して序盤のペースが速くなり、直線に入ると後方待機馬が一気に差してきてゴール前で形勢がガラッと替わる競馬になりました。今年も同様の展開になりかねないと思っています。