マイルCSは安泰ムード。もし「3強」の一角崩しがあるなら、代打騎乗で一発秘めるGI馬

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro
  • photo by Kyodo News

 実際、池添騎手はこれまでも、大舞台における"代打騎乗"で何度も成功を収めてきました。このレースで人気を集めているグランアレグリアやインディチャンプでも、代打騎乗でGI勝ちを果たしています。そういったライバルたちのことをよく理解している、という点も強みになるでしょう。

 また、これまでグレナディアガーズは人気を背負って、自分から勝ちに動くという競馬が多かったのですが、今回はそこまで人気を背負うことはありません。上位人気馬の動きを見て、虎視眈々と逆転を狙う立場となります。

 こうした"いい場面"で出番が巡ってくる池添騎手の運の強さを感じますし、そういう時の彼は本当に怖いです。折り合えさえつけば、自在性の高い馬だけに、池添騎手とのコンビにはとかくいいイメージが沸いてきます。

 秋にはアメリカ遠征のプランもあったように、陣営もそのポテンシャルを高く評価。今年のメンバー構成を見る限り、「3強」の一角崩しがあるとしたら、このグレナディアガーズしかないと見ています。今回は同馬を"特注のヒモ穴馬"に指名したいと思います。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆マイルCSも阪神の荒れ馬場で大波乱か!?  穴党記者が「怖い存在」と指摘する伏兵2頭>>

◆マイルCS連覇でグランアレグリアは有終の美を飾るか。データで見るラストランの展望ともう1頭の注目馬>>

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る