2021.11.07

世界的な血統馬スタニングスター。厩舎スタッフも「素材のよさを感じる」とホレボレ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第24回:スタニングスター

 ここ最近の2歳戦線は、素質馬や良血馬が早期デビューするのがトレンドとなっている。とはいえ、これから初陣を迎える2歳馬の中にも注目の逸材がまだまだいる。

 栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するスタニングスター(牝2歳/父フランケル)もその1頭だ。

 同馬は世界的に見ても、屈指の良血馬と言える。なにしろ、父はイギリスで14戦14勝という輝かしい戦績を残している名馬フランケル。母も2009年のGIフランスオークス(フランス・芝2100m)を制し、GI通算6勝を挙げている名牝スタセリタだからだ。

スタニングスターの姉、ソウルスターリングスタニングスターの姉、ソウルスターリング この記事に関連する写真を見る  そして、全姉には日本で活躍したソウルスターリングがいる。彼女は2016年にデビューし、3連勝でGIジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を制覇。3歳クラシックでも主役を演じて、GI桜花賞(阪神・芝1600m)こそ3着に敗れたものの、続くGIオークス(東京・芝2400m)では見事に戴冠を果たした。好位から堂々と抜け出すと、後続に1馬身4分の3差をつける完勝劇を披露した。

 これら、まさに豪華な顔ぶれが血統表に並んでいるのが、スタニングスター。デビュー戦は11月14日の2歳新馬(阪神・芝1600m)、ソウルスターリングと同様、クリストフ・ルメール騎手が鞍上を務める予定だ。