2021.07.24

混戦アイビスSDは軽量3歳牝馬が優位。外枠引いた千直実績馬の巻き返しにも要注意

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro
  • photo by Sankei Visual

 ところで、今回の穴馬は"外枠"の馬と見ています。

 千直では、やはり外枠が有利だからです。なぜ外枠が有利かと言えば、馬がラチ沿いを辿って走ることができるから。外目の馬場コンディションがいいこともあるのですが、最後に苦しくなった時、馬にとってはラチが傍にあるほうが走りやすいのです。これは、何度も騎乗して実感しました。

 また、千直のスタート地点は4コーナーのポケットとなりますが、コーナーからの合流地点となる直線の内ラチ側に比べて、外ラチ側のほうが若干高くなっていて、外にいるほうが周りを見渡しやすいのです。そういった点も、少なからず有利に働いているのかもしれません。

アイビスSDでの大駆けが期待されるビリーバーアイビスSDでの大駆けが期待されるビリーバー この記事に関連する写真を見る  そこで、今回の「ヒモ穴馬」には外枠(7枠13番)に入ったビリーバー(牝6歳)を指名したいと思います。

 同舞台で行なわれた2走前の韋駄天Sでは1枠(2番)に入って7着に敗れましたが、今回は絶好枠を引き当てました。オープンに昇級してから最も着順がよかったのが、昨年のアイビスSDでの3着。先行力もありますし、巻き返しが大いに期待できます。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆アイビスSDはコース実績を最重要視。斤量が軽い3歳牝馬の好走もありで2頭に注目>>

◆種牡馬の「ポスト・ディープインパクト」候補は? 関係者5人に聞いたベスト3>>