2021.05.23

ダービー挑戦を決めたサトノレイナス。ルメール騎手は「何の不安もない」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

2021年クラシック候補たち
第21回:サトノレイナス

 競馬界最高峰の舞台となるGI日本ダービー(東京・芝2400m)が、いよいよ5月30日に行なわれる。この大一番に、1頭の牝馬が参戦する。

 美浦トレセンの国枝栄厩舎に所属するサトノレイナス(牝3歳/父ディープインパクト)である。

ダービー出走を決めたサトノレイナスダービー出走を決めたサトノレイナス  現3歳世代の先陣を切って、昨年6月7日の2歳新馬(東京・芝1600m)でデビューした同馬は、その初陣を見事に快勝。その後、およそ4カ月の休養を経て臨んだ1勝クラスのサフラン賞(10月4日/中山・芝1600m)も難なく勝利した。

 そして、3戦目に挑んだのがGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月13日/阪神・芝1600m)。スタートで少し後手を踏むも、中団を追走して直線に入ると、馬群を縫うようにして伸びてきた。最後は内に潜り込んでソダシを強襲するが、ハナ差及ばず2着となった。

 それから約4カ月後、牝馬クラシック第1弾となるGI桜花賞(4月11日/阪神・芝1600m)にぶっつけで出走。大外8枠18番からスタートし、ここでも少し遅れ気味に出て、道中は15、16番手でレースを運んだ。

 直線では再び馬群を割って、残り200m付近から外に持ち出して一気に加速。早々に先頭に立ったソダシとはかなりの差があったが、残り100mを切ってからさらなる猛追を見せてソダシとの差を詰めていった。

 しかし、またもソダシにはあと一歩及ばずクビ差負け。あと数十mあれば......という惜しい競馬で、阪神JFに続いて勝ちに等しい内容だった。