2021.01.23

明け4歳馬たちの躍進が期待されるAJCC。穴はいかにも条件合う5歳馬

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

 翻(ひるがえ)って、今回のAJCCの「ヒモ穴馬」には年長馬をピックアップ。いかにも中山・芝2200mというトリッキーな舞台が合いそうな1頭を取り上げたいと思います。

力をつけたサンアップルトン。AJCCでの大駆けがあっても不思議ではない力をつけたサンアップルトン。AJCCでの大駆けがあっても不思議ではない  柴田善臣騎手が騎乗するサンアップルトン(牡5歳)です。前走のGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)で3着。その走りを見て、本当に力をつけているなと感じました。

 これは、具体的な成績や数字というより、個人的な第一感なのですが、サンアップルトンはAJCCで走りそうな、渋いタイプだと思います。今までも、AJCCやGII日経賞(中山・芝2500m)、GIIオールカマー(中山・芝2200m)といった中山の長めの距離の重賞では、"こういう条件でこそ"という馬が活躍してきました。AJCCの過去の勝ち馬にも名を連ねるマツリダゴッホ、ネヴァブション、ヴェルデグリーンらがいい例です。

 サンアップルトンも、まさにそういう1頭だというイメージがあります。

 中山で2勝を挙げていますが、その他にも福島・芝2600m戦や、やや重の新潟内回りコースの芝2200m戦で勝っていて、ことさら小回りやタフな条件で強いという印象があります。昨年は日経賞4着、オールカマー6着という結果でしたが、力をつけた今なら、それ以上の成績が残せるのではないか、と期待しています。

 柴田善騎手は先週ケガから復帰して、早速リュウノユキナで今年の初勝利を飾りました。私は45歳で騎手を引退したのですが、柴田善騎手は現在54歳。この年になって、骨折してもきちんと復帰して、しっかりレースに乗って結果まで出しました。その姿に、感動さえ覚えました。

 そんな柴田善騎手とともに、サンアップルトンにはがんばってほしいと思っています。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆アメリカJCCは、今後の成長が期待される「良血4歳馬」3頭が争う>>

◆穴党記者が東海Sの攻略に自信。好配当が見込めるヒモ穴4頭をズバリ>>