2020.10.02

横山ルリカ、スプリンターズSの軸選びに苦悩。3つの傾向がカギ!

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

関連記事はコチラ>>横山ルリカが感じた「圧倒される幸せ」。2020年競馬前半戦を振り返る

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組で活躍する横山ルリカさんに、中央競馬秋シーズンの最初のGIであるスプリンターズS(10月4日/中山・芝1200m)について展望を聞いた。 

競馬番組などで活躍する横山ルリカさん 今回のスプリンターズSは、「これが絶対来る!」という飛び抜けた馬がいないように思います。どの馬が1着になっても驚かないメンバーなので、軸選びが難しいですね。

 今年の傾向として、「9番人気以下に要注意」で、「中山の馬場は例年よりも時計がかかる」ということ、そして例年のスプリンターズSの傾向として、「勝つ馬は継続騎乗の騎手」という3点を頭に入れておきたいです。

 今夏のスプリント(短距離戦)重賞レースは、毎回9番人気以下の馬が馬券に絡んでいて、人気上位の馬で決まった印象があまりありません。GⅢCBC賞(阪神・芝1200m)では13番人気だったラブカンプー(牝5歳)が逃げ切ったり、GⅢキーンランドC(札幌・芝1200m)では1番人気のダイアトニック(牡5歳)が惨敗したり。さかのぼってみると、今年3月のGI高松宮記念(中京・芝1200m)も、1着入線(進路妨害で4着降着)のクリノガウディー(牡4歳)が15番人気、繰り上がり1着のモズスーパーフレア(牝5歳)も9番人気でした。

 今回のメンバーを見ると、グランアレグリア(牝4歳)以外は、この夏のスプリント路線のメンバーが集まっていますね。ほかの3歳クラシック路線や古馬中距離路線と違って、人気になる馬が限られるわりには、どの穴馬にもチャンスがある状況だと思います。軸も、穴も絞り切れないなぁと悩んでいます。