2020.08.02

ワグネリアンの従兄弟ヴィルヘルム。
調教スタッフはその走りに好評価

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「担当するスタッフは、ヴィルヘルムについて『おとなしくて、扱いやすいタイプ』と話していますね。総合的に"乗りやすい馬"という評価です。まだ緩い面を残しているみたいですが、『追い切りを重ねるにつれて、緩いなりに動けるようになっている』とのことです」

 また、調教を手がける別のスタッフからは、こんな評価が聞かれたという。トラックマンが続ける。

「やはり『緩さは感じる』という前置きはありつつも、『走り自体はいい』とそのスタッフは言っていました。現状では、『身軽いスピードタイプ』と評しています。ただし、スピードタイプとは言っても、距離は長めのほうがよく、瞬発系というよりは、『長くいい脚を使うイメージ』だそうです」

 デビュー戦は、8月9日の2歳新馬(新潟・芝2000m)を予定。その初陣でどんな走りを見せてくれるのか、要チェックである。