2020.07.17

中京記念は大ベテラン馬が狙い。
先行力&重馬場も苦にせず元気いっぱい

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by photo by Eiichi Yamane/AFLO

 このレースは昨年こそ1着グルーヴィット、2着クリノガウディーと3歳馬がワンツーフィニッシュを果たしたが、1600mで行なわれるようになってからの8回では5歳馬が4勝、6歳馬が3勝と高齢馬が健闘している。

 8歳は高齢すぎるイメージもあるかもしれないが、今年はGⅢダービー卿チャレンジのクルーガー、GⅢアンタレスSのウェスタールンド、障害競走のGⅡ京都ハイジャンプのスズカプレスト、GⅢ鳴尾記念のパフォーマプロミスと、重賞レースでの8歳馬の活躍が目立っている。ベステンダンクもこれに続きたい。


 もう1頭狙いたいのがミッキーブリランテ(牡4歳/栗東・矢作芳人厩舎)だ。3歳時からGⅢシンザン記念(京都/芝1600m)3着など重賞戦線でも上位争いを見せていたが、4歳を迎え、充実ぶりを見せている。

 2走前の錦S(京都/芝1600m)を勝ってオープン入りし、前走の米子S(阪神/芝1600m)では後方追走から鋭く脚を伸ばして、勝ち馬から0秒4差の3着に入った。今回のハンデは54kgで、前走から2kg減となるのも好材料。阪神コースの相性もよく、前述の米子S、未勝利戦(芝1800m)、今回と同じ距離の500万下(芝1600m)で勝利している。

 血統的にも魅力十分だ。母エピックラヴは仏GⅢヴァントー賞勝ち馬で、仏GⅠサンタラリ賞でも短首差の2着に入った実力馬。2歳の半弟ダノンザキッド(父ジャスタウェイ)は6月28日の新馬戦(阪神/芝1800m)を圧勝し、早くも来年のクラシック候補と目されている逸材だ。弟より先に重賞タイトルを獲得し、兄の面目を保っておきたいところだろう。

 以上、今年の中京記念は重賞初制覇を狙うベステンダンクとミッキーブリランテに期待したい。