2020.05.09

NHKマイルCは荒れる。穴党記者が
馬場状況を吟味して厳選した4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 となると、波乱ムードが一段と増すが、吉田記者は続けて、レースの行方を占うポイントについてこう語る。

「(ポイントは)馬場状態です。当日の天気予報が下り坂という点に多少気を配る必要がありますが、昨秋の開催以来、東京競馬場の馬場状態は申し分ありません。現状、高速馬場化していることは間違いないでしょう。それなら、内枠、さらには前に行く馬が有利になると思います」

 スポーツ報知の坂本達洋記者も、この見解に同意。そのうえで、狙い目となる馬については次のように語る。

「先週の東京では、3歳1勝クラスの芝1600m戦で1分32秒1という勝ち時計が記録されました。良好な馬場状態とあって、かなり速い時計が出ています。

 そうした状況にあって、自らのスピードを生かして、タメずにいきたいレシステンシアがレースを引っ張り、それをプリンスリターン(牡3歳)が追いかける形となれば、展開的にも前半から速い流れになることは確実です。

 そうなると、各馬がなし崩し的に脚を使わされることになって、ヨーインドンの瞬発力勝負にはならないはず。であれば、しぶとく、長く脚を使えて、スピードの持久力がある馬を狙いたいところです」

勢いある横山武史騎手騎乗で一発が期待されるウイングレイテスト勢いある横山武史騎手騎乗で一発が期待されるウイングレイテスト  その坂本記者が最初に推奨するのは、重賞戦線で健闘を続けるウイングレイテスト(牡3歳)だ。