2020.05.06

NHKマイルCでレシステンシアに
疑問符。「不安要素」がそろっている

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 1番人気に推されたGI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)で、2着に終わったレシステンシア(牝3歳)。同馬がその後、牝馬クラシック第2弾のGIオークス(5月24日/東京・芝2400m)ではなく、GI NHKマイルC(5月10日/東京・芝1600m)に向かうことは、当初から予定されていたことだった。

桜花賞では2着に終わったレシステンシア(左)。右は勝ち馬デアリングタクト 陣営にはデビュー当時から、距離に対する不安が少なからずあったようで、距離不安を払拭するような、よほどのパフォーマンスを桜花賞で見せない限り、「オークスには行かない」と決めていたという。

 決して、桜花賞で1馬身半差をつけられた、勝ち馬デアリングタクト(牝3歳)に恐れをなしたわけではない。

 いや、それどころか、陣営としては、多くのファンや関係者の目に「決定的」と映ったデアリングタクトとの差が、そのまま「両馬の力差ではない」と考えているらしい。

 つまり陣営は、桜花賞でデアリングタクトに敗れたことは事実だが、あの負けを「完敗」と捉えていないし、いわゆる「勝負づけが済んだ」とも思っていないのだ。

「陣営としてはあくまでも、『重』発表ながら、不良に近かった当日の特殊な馬場に問題があったと見ています」

 そう語るのは、関西の競馬専門紙記者だ。