2020.02.29

中山記念は無観客開催で波乱要素増。
人気薄の2頭が思わぬ結末を呼ぶ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 古馬中距離路線の伝統の重賞、GII中山記念(中山・芝1800m)が3月1日に行なわれる。

 過去、ここをステップにして、ヴィクトワールピサがドバイワールド(UAE・AW2000m※現在はダート2000m)、ジャスタウェイがドバイデューティフリー(現ドバイターフ/UAE・芝1800m)といった海外GIを制覇。昨年も、ウインブライトがここを勝って、海外GIのクイーンエリザベスII世C(香港・芝2000m)を制している。

 こうした例もあるとおり、春の大一番に向けて、ここから始動する実力馬が毎年たくさんいる。ゆえに例年、GI級の馬が多数参戦し、ハイレベルな一戦となる。

 ところが、意外にもそうした有力馬の多くが、ここでは揮(ふる)わない。過去10年の結果を見ても、1番人気はわずか2勝。残りは2、3着もなく、すべて着外に終わっている。昨年も、1番人気のディアドラが6着に沈んだ。

 そして今年も、出走予定9頭と少頭数ながら、5頭のGI馬が名を連ねて、ハイレベルなメンバー構成となっている。そのうち、有力視されているのは、インディチャンプ(牡5歳)、ウインブライト(牡6歳)、ダノンキングリー(牡4歳)、ラッキーライラック(牝5歳)だが、過去の傾向からして、この4頭ですんなり決まるとは思えない。馬券検討においては、波乱も想定しておく必要があるだろう。

 では、どういった馬が穴馬候補となるのか。日刊スポーツの太田尚樹記者は、「年明け初戦になる馬が多く、状態の見極めが大事になってくると思います」と言って、ペルシアンナイト(牡6歳)の名前を挙げた。