2020.02.15

共同通信杯は、強烈な末脚を秘める
「いぶし銀」2頭がアッと言わす

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 では、隠れた実力馬、今年のレースで台頭しそうな伏兵はどんな馬なのか。松田記者はこう分析する。

「今回は、各馬がクラシックに向けて賞金を加算したいレース。そういう意味では、どの馬も脚質の幅を広げるといった突飛な戦術を取る可能性は低く、逃げる地方馬のエン(牡3歳)をはじめ、先行する馬が締まった流れを作るはずです。

 そうした展開に加え、開幕2週目を終えた時点でも、先行馬有利が色濃く出ている馬場のため、自在性を備えるマイラプソディは道中、動きやすい好位から中団にかけてのポジションを取りにいくでしょう。

 そこで面白いのが、後方待機の馬。

 今週は、後半から雨予報。厳寒期の芝は一度荒れてしまえば、晴れてもそう簡単に馬場状態は回復しません。これで、前崩れへの期待が高まれば、緩い馬場を苦にせず、後方から飛んでくる馬が狙い目となります」

 そして、松田記者は、ココロノトウダイ(牡3歳)を推奨馬に挙げる。同馬は、ここまで3戦2勝、2着1回。今回は、およそ3カ月半ぶりのレースとなる。

「昨夏の新馬戦(7月13日/福島・芝1800m)で2着後、未勝利戦(8月10日/新潟・芝1800m)、1勝クラス(500万下)のきんもくせい特別(11月3日/福島・芝1800m)と2連勝。3戦すべてで、最速の上がりをマークしている点が魅力です。

 前走は小回りの福島が舞台ゆえ、早めに動く形となりましたが、2走前の新潟では、ゴールに向かって加速する末脚で2着馬との競り合いを制しました。直線の長い東京なら、同様の競馬が期待できます。