2019.10.24

天皇賞・秋はアーモンドアイが盤石。
サートゥルナーリアには不安材料

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Ito Yasuo/AFLO

 10月27日、東京競馬場で3歳以上によるGⅠ天皇賞・秋(芝2000m)が行なわれる。今年は10頭のGⅠ馬が出走予定の豪華メンバーだ。

 なかでも注目されるのが、「現役最強馬」と目されているアーモンドアイ(牝4歳/美浦・国枝栄厩舎)と、「3歳最強」の呼び声も高いサートゥルナーリア(牡3歳/栗東・角居勝彦厩舎)だ。今回は、このロードカナロア産駒2頭の対決に焦点を当ててみよう。

昨年に「牝馬三冠」を達成したアーモンドアイ まずは2頭の戦歴を振り返る。サートゥルナーリアは現在まで6戦を出走し、GⅠ2勝を含む5勝を挙げている。デビューからの3連勝を飾ったGⅠホープフルS(中山/芝2000m)は、ゴール前で手綱を緩める楽勝だった。

 年明け初戦のGⅠ皐月賞(中山/芝2000m)も1分58秒1の好時計で勝利。レース前に落ち着きを失ってしまい、力を出せなかったGⅠ日本ダービー(東京/芝2400m)は4着に敗れたが、秋初戦のGII神戸新聞杯(阪神・芝2400m)も楽な競馬で快勝している。

 一方のアーモンドアイは、昨年秋のGⅠ秋華賞(京都/芝2000m)で「牝馬三冠」を達成したのち、GⅠジャパンC(東京/芝2400m)に出走。同レースを、従来の記録を1秒5も更新する2分20秒6という衝撃の日本レコードタイムで快勝し、その評価を不動のものにした。

 海外デビューとなった今年3月のGⅠドバイターフ(メイダン/芝1800m)も、2着のヴィブロスに1馬身1/4差をつけて快勝。続くGⅠ安田記念(東京/芝1600m)はスタートで後手に回り3着に敗れたが、直線は凄まじい伸び脚で力を見せた。

 どちらもすばらしい成績だが、サートゥルナーリアに関しては”キャリアの少ない3歳馬”である点が気にかかる。

 過去の3歳馬の天皇賞・秋の成績を見てみると、これまで33頭が出走し、1996年のバブルガムフェロー、2002年のシンボリクリスエスの2勝。2着は5回、3着は3回。勝率は6.1%と、4歳馬の9.7%(176頭で17勝)に比べて数字は低い。

 これまで、天皇賞・秋にはかなりの実績馬が出走しているが、古馬の壁に阻まれるケースが多い。1988年のオグリキャップは、JRA重賞6連勝と破竹の勢いのまま臨んだが2着。さらに、1995年の皐月賞馬ジェニュインが2着、2004年の皐月賞馬ダイワメジャーが17着、2004年の桜花賞馬ダンスインザムードが2着、2008年の日本ダービー馬ディープスカイが3着、2012年のNHKマイルC勝ち馬カレンブラックヒルが5着、2014年の皐月賞馬イスラボニータが3着、2017年のオークス馬ソウルスターリングが6着に敗れている。