2019.08.15

GI馬4頭出走の札幌記念で、
ダービー馬ワグネリアンの復活はあるか

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 GI馬が4頭も出走するとあって、この夏一番の注目を集めるGII札幌記念(8月18日/札幌・芝2000m)。ここに、昨年のダービー馬ワグネリアン(牡4歳)が出走する。

札幌記念に出走する昨年のダービー馬ワグネリアン 昨年の秋、GII神戸新聞杯(阪神・芝2400m)を勝って、古馬相手のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)に挑む予定だったが、体調不良によって回避。以後、今年3月のGI大阪杯(3着。3月31日/阪神・芝2000m)で復帰するまで、長い休養を強いられていた。

 その戦績は、8戦5勝、2着1回、3着1回、着外1回。1番人気に推されたGI皐月賞(中山・芝2000m)では7着に終わったものの、それ以外はすべて馬券圏内(3着以内)に入っている。

 ただこの馬の場合、「ダービー馬」という額面ほどには、高い信頼を得られていない。

 現にダービーでは単勝配当ふた桁の5番人気だったし、その後の2戦も、いずれも1番人気になっていない。そうした評価に、この馬の強さに対するファンの微妙な心理がよく表われているような気がする。

 それは、昨春のGII弥生賞(中山・芝2000m)で人気を分けたダノンプレミアムに完敗を喫したこと、そして皐月賞では見せ場も作れずに人気を裏切ったこと、そうした同馬が抱える”脆さ”が影響しているのだろう。

 また、古馬となってからの、復帰初戦の大阪杯の評価も微妙だ。

 最後の直線、インぴったりに追い込んできて、勝ったアルアインからクビ、クビ差の3着。長期休養明けだったことを考えれば、一応「善戦」とは言える。

 だが、本当に強い馬であれば、休み明けの不利などモノともしないという。そういう意味では、その強さも「その程度」という評価が成り立つ。

 いずれにせよ、札幌記念でも同い年で、同じディープインパクト産駒のフィエールマン(牡4歳)に人気を譲って、またも1番人気にはならないと見られている。

 しかし考えようによっては、こうした評価はラッキーである。気楽な立場で乗れる分、勝てるチャンスが広がるからだ。それに、もしここでフィエールマンを負かせば、「1番人気になれないダービー馬」といった、ありがたくない定評も返上できるかもしれない。