2019.08.11

クラシック制覇という一族の
悲願を託された逸材、クロスキーの可能性

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「育成を始めてから、本当に順調にメニューをこなしてくれました。すごくよくなりましたね。まだ現時点で緩さはあるのですが、それでもいいタイムで走れています。これからさらによくなると思いますし、父は成長が遅めのハーツクライですから、伸びしろは十分あるのではないでしょうか」

 なお、この血統は気性面で特徴的な馬が多かったが、その点についてはどうなのか。木村氏はこう語る。

「兄のホーカーテンペストなどを見てきましたが、クロスキーはこの血統ということを考えると、『扱いやすい』と感じますね。たぶん姉のコントラチェックのような逃げ馬ではなく、タメて切れるタイプになるのではないでしょうか。他のスタッフからの評価も高いです」

 気性面にやや不安を抱えていた兄姉たち。そうしたタイプと違うとなれば、彼らが届かなかったタイトル奪取への夢は一段と膨らむ。

 同馬はすでにトレセンで調教を積んで、8月17日の2歳新馬(新潟・芝2000m)でデビューする予定だ。

 一族の悲願を背負ってキャリアをスタートさせるクロスキー。まずは初陣でどんな走りを見せてくれるのか、しっかりとチェックしたい。