2019.06.08

堅いエプソムCも今年は荒れる。
波乱続きの東京開催でこそ狙える4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 春のGIシリーズもひと段落し、残すはGI宝塚記念(6月23日/阪神・芝2200m)のみ。その合間を縫って、東京競馬場ではGIIIエプソムC(6月9日/芝1800m)が行なわれる。

 GI5週連続開催の東京ではずっと波乱続きだったが、はたして今週はどうだろうか。デイリー馬三郎の吉田順一記者はこう語る。

「1週前に行なわれるGI安田記念(東京・芝1600m)に挑んでも、『それなりにやれるのでは』と思わせる馬が出走し、それらが秋の大舞台を見据えて、ここでしっかりと賞金を加算していくのが、最近のエプソムCの特徴です。つまり、それなりの実力馬が安定した結果を残している舞台と言えます。

 現に過去10年の連対馬を見ても、1番人気が4勝を含めて7連対。2番人気も4勝を含めて5連対。そして3番人気が3連対で、以下4番人気が1勝を含めて3連対、5番人気と6番人気がそれぞれ1連対と、比較的順当な結果に収まっています。無理筋の狙いは禁物です」

 とはいえ、3着には6番人気以下の伏兵が何度も突っ込んできている。2012年には15番人気のマイネルスターリーが3着に入って、1、2着は人気どおりだったにもかかわらず、3連単は14万7390円という高配当をつけた。

 馬券的には、穴馬から入るよりも、軸馬をうまく絞って、やや広めに勝負するほうが手堅く、しかもオイシイ配当をゲットできるかもしれない。そこで、吉田記者は今年の狙いについて、こんな見解を示す。

オープン戦を2連勝中のソーグリッタリング「実績面からミッキースワロー(牡5歳)が1番人気でしょう。そこで、狙いはオープン特別(リステッド競走/※重賞に次ぐ重要なレース)を連勝しているソーグリッタリング(牡5歳)。数字以上の瞬発力を発揮し、今が充実期にあります。馬の走る気が半端なくにじみ出ており、勝負どころでは馬が勝手に追い上げているような印象を受けます。今のレースぶりなら、東京コースも問題ありません。

 ある程度人気を集めそうなので、『穴馬』とは言えないのですが、それでも1、2番人気にはならないでしょう。負けるまでは、買い続けて損のないタイプだと思います」