2019.02.16

フェブラリーSは強豪馬に懸念。
穴党記者はとんでもない穴馬4頭を推す

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 JRA今年最初のGIフェブラリーS(東京・ダート1600m)が2月17日に行なわれる。

 同レースを前にして、デイリー馬三郎の吉田順一記者も、日刊スポーツの松田直樹記者も、こんなふうに口をそろえる。

「昨年末のGIチャンピオンズC(12月2日/中京・ダート1800m)を制し、3歳馬にしてダート界の頂点に立ったルヴァンスレーヴこそ不在も、同じ3歳で暮れの地方交流GI東京大賞典(12月29日/大井・ダート2000m)を勝ったオメガパフューム(牡4歳)や、同レース2着で一昨年の覇者であるゴールドドリーム(牡6歳)ら、現ダート界のトップクラスがこぞって参戦。

 さらに現在6連勝中で、昨年JRA通算4000勝を達成した武豊騎手が鞍上を務めるインティ(牡5歳)に、JRA女性騎手史上初のGI騎乗で注目される藤田菜七子騎手が手綱をとるコパノキッキング(せん4歳)など、新興勢力も好メンバーがズラリ。2019年最初のGIで、なおかつ平成最後となるフェブラリーSは、例年以上の盛り上がりになることは間違いないでしょう」

 ただし、両記者ともに人気上位馬については、その実力は認めつつも、やや懐疑的な目を向ける。

「インティは今回、ワンターンのコース、芝スタート、1600m戦と初ものづくしですが、武豊騎手が『前走のGII東海S(1月20日/中京・ダート1800m)のように、坂の途中からスタートするコースのほうが心配だった。むしろ、芝(のスタート)は気にしていない』と言えば、同馬を管理する野中賢二調教師も『手前の替え方も少しずつよくなっている。競馬ごとに成長しているよね。他に行く馬がいれば、番手でも、4、5番手でも競馬はできると思う』と、レースに向けて手応えを口にしています。

 しかし最後に、野中師が『(同じ管理馬の)クインズサターン(牡6歳)は(差しの)脚質的に崩れないよね。一方、インティは脚質が脚質だから、大コケがあるかもしれないなぁ~』と冗談まじりながらも、そう語っていたことが少しだけひっかかりましたね」(松田記者)