2018.10.19

穴馬候補は5頭。菊花賞で台頭する
伏兵馬のパターンは決まっている

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3歳牡馬クラシック三冠の最後を飾るGI菊花賞(京都・芝3000m)が10月21日に開催される。

 皐月賞(中山・芝2000m)、日本ダービー(東京・芝2400m)という春の二冠と違って、菊花賞は3000mという多くの馬にとって未知の距離で行なわれる。その分、これまでも予想もしなかった穴馬が何度となく台頭している。

 過去10年を振り返っても、2008年に15番人気のフローテーションが2着、2010年には13番人気のビートブラックが3着に入線。さらに、2017年には10番人気のクリンチャーが2着、13番人気のポポカテペトルが3着に食い込んで、馬連や3連単などで高配当がしばしば生み出されている。

 また、今年は前哨戦のGII神戸新聞杯(9月23日/阪神・芝2400m)でも磐石の競馬で勝利を飾った、ダービー馬ワグネリアンが不在。波乱ムードが一段と高まっている。

 ということで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで大駆けしそうな”穴馬”候補をあぶり出してみたい。

 まずピックアップしたいのは、古馬混合の1000万下を勝っている馬だ。先述のビートブラックやポポカテペトルをはじめ、2009年に8番人気で金星を挙げたスリーロールス、2014年に7番人気3着に入ったゴールドアクターなど、このパターンの激走馬はたくさんいる。

 そして今年も、古馬混合の1000万下を制してこの舞台に挑んでくる馬が何頭かいる。なかでも、一発の匂いが漂うのは、アフリカンゴールドグロンディオーズだ。

 ともに前走の1000万特別で歴戦の古馬たちを粉砕。アフリカンゴールドは兵庫特別(10月2日/阪神・芝2400m)で4馬身、グロンディーズは信濃川特別(8月4日/新潟・芝2000m)で3馬身の差を後続につける圧勝劇を演じた。