2018.10.17

わずか1勝馬が菊花賞で戴冠か。
上昇エタリオウ、王になるため大変身

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 登録メンバー唯一のキャリア1勝馬。それでいて、牡馬クラシック三冠の最終戦となるGI菊花賞(10月21日/京都・芝3000m)での戴冠を期待させる馬がいる。

 エタリオウ(牡3歳)だ。

菊花賞に挑むエタリオウ。自慢の末脚で栄冠をつかむことができるか 昨年9月にデビューした同馬は、これまで8戦して1勝しか挙げていない。だが、2着が5回もある。

 2戦目の未勝利戦を勝ったあと、500万下のレースで3戦連続2着。さらに、ダービートライアルとなるGII青葉賞(4月28日/東京・芝2400m)でも2着と、クラスに関係なく、安定した走りを見せてきた。

 そして、大一番となるGI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)では、13番人気の低評価に反発するように4着と好走。出遅れて後方からの競馬を余儀なくされるも、上がり33秒5の末脚で猛然と追い込んできた。

 その後、夏を休養に充てると、皐月賞馬エポカドーロ、ダービー馬ワグネリアンが顔をそろえたGII神戸新聞杯(9月23日/阪神・芝2400m)に出走。ここでもメンバー最速かつ唯一の上がり33秒台をマークし、勝ったワグネリアンに半馬身差まで迫る豪脚を披露して2着となった。

 どんな相手と戦っても必ず上位に来る反面、500万下をなかなか勝ち切れなかったエタリオウ。ちょっと風変わりな同馬が、はたして菊花賞で勝ち名乗りを上げることができるのだろうか。