2018.09.07

3歳馬とアイビスSD組。セントウルSの
穴パターンにはまる4頭を発見

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今週から、秋競馬がスタート。開幕週に阪神競馬場で行なわれるのは、GIスプリンターズS(9月30日/中山・芝1200m)の前哨戦となる、GIIセントウルS(9月9日/芝1200m)だ。

 実はこのレース、ファンの予想を覆(くつがえ)す”下克上”の多いレースと言える。一例となるのが、2015年。GI常連組を抑えて、10番人気のアクティブミノルが勝利し、単勝が4800円、3連単が40万5590円という高配当がつく波乱となった。

 その他、2012年には6番人気のエピセアロームが優勝。のちにスプリント界の絶対王者に君臨するロードカナロア(1番人気2着)を抑えている。さらにその翌年、GI4勝を挙げるなど、まさに無敵を誇ったロードカナロアが1年で唯一敗れた(2着)のが、このレースだった(勝ったのは2番人気ハクサンムーン)。

 冒頭で触れたように、セントウルSはスプリンターズSを見据えての”叩き台”となるため、有力馬は余裕残しの仕上げで出走してくるケースが多い。ゆえに、こういった番狂わせが起きているのだろう。

 ならば、今年もそうした思いもよらぬ結末を想定して、サプライズを起こしそうな存在を探し出してみたい。

 過去10年の結果を参考にすると、まず取り上げたいのは、このレースでの活躍が顕著な3歳馬である。

 先述のアクティブミノルとエピセアロームも、ともに3歳時に金星を挙げている。その他、2010年には4番人気の3歳馬ダッシャーゴーゴーが、歴戦の古馬を抑えて勝利を飾っている。

 もちろん、3歳馬であればどんな馬でもいい、というわけではない。上記3頭はいずれも、それまでにオープン特別か重賞を制していた。