2018.06.30

ラジオNIKKEI賞はこの
「恵ハンデ4頭」が楽々すぎてズルイっす

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 今週から夏の福島競馬がスタート。開幕週を飾るのは3歳馬のハンデ戦、GIIIラジオNIKKEI賞(7月1日/福島・芝1800m)である。

 3歳馬限定でありながら、ハンデ戦。しかも、舞台は小回りコースとあって、ひと筋縄では収まらないレースと言える。

 昨年も3連単は15万円を超える万馬券となり、2013年には同じく3連単が90万円超えの高配当をつけた。穴党垂涎(すいぜん)のレースと言っていい。

 では、具体的にはどういった狙いを組み立てればいいのか。日刊スポーツの木南友輔記者はこう語る。

「ラジオNIKKEI賞は、他の重賞とはやや毛色が違うハンデ重賞と言えます。また、クラシックで好成績を残した馬は、秋に備えて使ってきません。そうしたレースにあって、ここで重いハンデを背負わされるような、中途半端な実力馬は敬遠したいところです。昨年も、トップハンデの57kgを背負わされたサトノクロニクルは6着に敗れていますからね。

 今年で言えば、500万特別の梅花賞(1着。1月27日/京都・芝2400m)で、のちにダービー4着となったエタリオウを退け、前走でオープン特別の白百合S(5月27日/京都・芝1800m)を勝っているメイショウテッコン(牡3歳)ですかね。斤量はトップハンデの56kg。ちょっと手を出しにくいです」

 逃げて結果を出しているメイショウテッコン。開幕週の福島にはぴったりのように思えるが、木南記者はその点についても首を振り、こんな見解を示す。