2018.04.28

強豪不在の天皇賞・春。「これなら
オレにも…」とヤル気の4頭で稼ぐ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

トーセンバジル(牡6歳)です。前走のGII日経賞(3月24日/中山・芝2500m)では5着。良馬場発表でしたが、緩さの残る馬場だったため、本来の力が出せなったと見ています。それに、海外遠征帰りの休み明けで、余裕残しの仕上げだったことも影響したと思います。

 ただその分、全力を出して走り切っていないので、レース後も疲れは見られないですし、馬は非常にフレッシュな状態。ひと叩きしてここへ、というのは陣営が当初から描いていた青写真どおりです」

ひと叩きして上積みが期待できるトーセンバジルひと叩きして上積みが期待できるトーセンバジル  昨年12月の海外GI香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)では、海外初挑戦ながら3着と健闘したトーセンバジル。ハイランドリール、タリスマニックといった世界レベルの猛者(もさ)に続くレースぶりは光っていた。

 日経賞はそれ以来のレースで、ひと叩きした今回は確かに変わってきそうだ。大西記者が再び語る。

「中間の動きも軽快で、上積みも感じさせます。確実に前走以上の好仕上がりですよ。この馬自身、心肺機能が高く、かかる心配もないだけに、長丁場への適性は高いはず。しかも、鞍上が大一番に強いミルコ・デムーロ騎手というのも魅力です。混戦ムードのここなら、チャンスは十分でしょう」

 トーセンバジルについては、木南記者も気になる存在だと言う。

「昨年は、キタサンブラックが驚異的なレコード(3分12秒5)をマーク。ディープインパクトの時計(3分13秒4)を大幅に更新して、圧巻の勝利を飾りました。