2018.03.15

スプリングSはステルヴィオにあらず。
怪物息子に「奇跡の春」がくる

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Yamane Eiichi /AFLO

 今週末18日、中山競馬場で3歳重賞・GIIスプリングS(芝1800m)が行なわれる。このレースは、牡馬クラシック第1弾・GI皐月賞(4月15日/芝2000m)のトライアルレースで、3着以内に入れば同レースの優先出走権が与えられる。

 今年の3歳牡馬クラシック戦線は、2歳王者ダノンプレミアム(牡3歳・中内田充正厩舎)とGIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)の勝ち馬であるワグネリアン(牡3歳・友道康夫厩舎)の2頭が有力と見られていた。

 2頭は3月4日のGII弥生賞(中山・芝2000m)で激突。本番を前に”頂上対決”と目されたそのレースで、ダノンプレミアムがワグネリアンに1馬身半差をつけて勝利している。本番も2頭には人気が集まりそうだ。

 今回のスプリングSは、弥生賞組と、年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)を勝ったタイムフライヤーに続く3~4番手グループと見られている馬たちの争いとも言える。しかし、クラシック戦線は例年、直前で一気に力をつけて台頭してくる馬も少なくない。そんな馬の出現に期待して、このレースに注目してみよう。

2歳GI で2着、上位人気が予想されるステルヴィオ

 今回、中心視されそうなのがステルヴィオ(牡3歳・木村哲也厩舎)。6月の新馬戦(東京・芝1600m)、OPコスモス賞(8月12日/札幌・芝1800m)を連勝し、GIIIサウジアラビアロイヤルC(10月7日/東京・芝1600m)、GI朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)で連続2着。4戦無敗のダノンプレミアムにしか負けておらず、3歳牡馬のトップクラスに位置する存在だ。